小規模企業共済制度」とは、個人事業主または会社などの役員の方が廃業、退職された場合の退職金制度です。
毎月の掛金は1,000円〜70,000円で、税法上全額を課税対象所得から控除することができます。


節税に効果大。積み立てた金額に応じて所得税、住民税が安くなります。
  掛金の全額所得控除による節税額の一覧表
   

掛金月額は、1,000円から70,000円の範囲内(500円単位)で自由に選べます。

共済金の受取(一括)

   
共済金の受け取りは、「一括」「分割(10年または15年)」「一括と分割の併用」のいずれかを選択することができます。
一括の場合は「退職所得」、分割の場合は公的年金(雑所得)として税務上扱われます。
   
一定の要件で、貸付が可能です。
 

 

Copyright 2011 Hachioji Aoiro Shinkokukai.All Rights Reserved